blog.gangukan

倉敷美観地区にある日本郷土玩具館のブログ
当ギャラリーで展覧会開催中の作品の紹介や
新商品・倉敷美観地区のイベント情報満載!
バリの手仕事 vol.8
0

    coieバリ展プラスワンギャラリー


    日本郷土玩具館「プラスワンギャラリー」にて先週末より始まった『バリの手仕事 vol.8』。

    毎年ゴールデンウイーク恒例の展覧会でしたが、今年は秋の開催となりました。南国バリムードの雑貨はもちろん、これからの季節にぴったりのハラコのバッグ、帆布に壁用の塗装を施したバッグなどワクワクするような商品でいっぱいです!

     

    倉敷川畔は夕方になるととても涼しく虫の音が聞こえてきます。初秋の倉敷へお出かけくださいきのこレッドきのこグリーンきのこブルー


    2016年8月27日〜9月19日
    日本郷土玩具館「プラスワンギャラリー

    | 展覧会 | 19:05 | - | - | - | - |
    田井将博 ガラス展
    0

      プラスワンギャラリー田井将博ガラス展

      先週より日本郷土玩具館「プラスワンギャラリー」にて、『田井将博 ガラス展』を開催しております。

      香川県のガラス工房・グラスタイムを主宰する、ガラス作家 田井将博さんの個展です。

       

      「レースガラスを使いテキスタイルのような模様の器を吹いてみました。 繊細なガラスのラインによる模様、和のイメージ。」 田井将博


      2016年8月5日〜8月24日
      日本郷土玩具館「プラスワンギャラリー

      | 展覧会 | 19:33 | - | - | - | - |
      倉敷帆布 とび箱収納
      0

        倉敷帆布とび箱収納プラスワンギャラリー


        本日より日本郷土玩具館「プラスワンギャラリー」にて、『倉敷帆布 とび箱収納』

        「帆布」というとトートバッグをイメージする人も多いと思います。わかり易いのは、小学校の体育の授業で使われていた「跳び箱」の天布…誰もが一度は触った事のある、懐かしく、 親しみを感じられる素材。 そんな帆布をもっと多くの人に知ってもらうべく、「8月2日=帆布の日」を記念し、通常取り扱いのない 「跳び箱」のミニチュアを販売! 小物入れ、おもちゃ箱として使えます。

         

        引出しタイプと箱を重ねるタイプの二種類で重ねるタイプの方は、お子さんが座れる位の大きさのものもあります。また、カラフルな天布のものは、全て2点ずつしか用意がありませんので、是非お早めにお買い求めください。

         

        とび箱と共に販売されるのは「セルヴィッジ」シリーズのトートバッグ。商品名にもなっているセルヴィッジ[selvedge]とは 帆布の織り幅で生まれる端のふちの部分、生地の耳といわれる部分です。トートバッグは口が広く開いているので、中に入れているものが丸見えになったり、バッグが倒れた時に中の物が飛び出したり…そんな不安を解消してくれる布が内側に縫い付けられているのが嬉しいバッグです。シックな色味も魅力的。サイズのバリエーションもありますので、いくつも揃えたくなりますね

         

         

         


        2016年7月6日〜8月2日
        日本郷土玩具館「プラスワンギャラリー

        | 展覧会 | 20:53 | - | - | - | - |
        石川昌浩展「さわりたい」
        0

          石川昌浩プラスワンギャラリー
          本日より日本郷土玩具館「プラスワンギャラリー」にて、『石川昌浩展「さわりたい」』が始まりました。

          用の美、日用の器を追求した作品作り。使いやすさ親しみやすさと同時に、独特の深みや力強さも併せ持つ石川昌浩さんの硝子と郷土玩具のコラボレーションという、新しい発見のある展覧会となりました。

           

          コップなど日用の生活道具に加えて選んだ郷土玩具から力をもらおうと思っていますと石川昌浩さん。 今回多数作られた「硝文」という作品は、あえて作家が語るのではなく、作品から何かを感じ取ってもらいたいとの思いから「石文(いしぶみ)」を文字って名付けたそうです。言葉ではなく思いを込めたもので伝えるということでしょう。

           

           


          2016年6月25日〜7月3日
          日本郷土玩具館「プラスワンギャラリー

          | 展覧会 | 20:57 | - | - | - | - |
          十河隆史 個展
          0
            十河隆史+1gallery
            本日より日本郷土玩具館「プラスワンギャラリー」にて、『十河隆史 個展』が始まりました。
            岡山県玉野市の瀬戸内海を望む丘の上で日々を大切に暮らし、日々を共にする器を作り続ける 陶芸家「STUDIO T POTTERY」十河隆史さん。沢山の表情を持つ陶器の数々。個性的でもあるのに日常に溶け込む器…

            DMに寄せてくださった十河隆史さんのコメントより

            「ここ数年好んで花入れを作っています。工房の周りには四季折々の草花があり、生ける材料には事欠きません。自然の輝きとその営みに感謝し、それを受け止める器の作り手でありたいと願っています。」十河隆史

            初日と最終日、会期中の土・日には、十河隆史さんも在廊してくださいます。是非お運びください。


            2016年6月1日〜22日
            日本郷土玩具館「プラスワンギャラリー
            | 展覧会 | 18:47 | - | - | - | - |
            松根祐子「いとたのし♡展」
            0
              松根祐子プラスワンギャラリー
              21日より日本郷土玩具館「プラスワンギャラリー」にて、始まった『松根祐子「いとたのし♡展」 』。
              古布デザイナー松根祐子さんによるバッグの展覧会です。 日本の古い着物や帯に、ポルトガルから輸入したコルクレザーや、倉敷のデニムなどの異素材を組み合わせた斬新で個性的なデザイン。

              着物や帯は、良い柄が一か所にしかない物も多いため、バッグもほとんど一点物になっています。
              今回は活動的な初夏に向けて、「いとたのし♡」をテーマに、楽しくてワクワクするような作品を発表します。


              2016年5月21日〜29日
              日本郷土玩具館「プラスワンギャラリー
              | 展覧会 | 23:07 | - | - | - | - |
              小谷栄次 倉敷ガラス展'16
              0
                小谷栄次 倉敷ガラス展日本郷土玩具館プラスワンギャラリー
                本日より日本郷土玩具館「プラスワンギャラリー」にて、『小谷栄次 倉敷ガラス展』が始まりました。

                「こうして 手になじむのがいい。 ぐい飲みは特にいい。」と栄次さんの作品をそっと手に取り、師匠である父 真三さんはつぶやかれる。 伝承者 栄次さんはいつも ひたむきに仕事に向き合い、その作品は素朴ながら 新しい風を感じます。 時はG7 教育大臣会合が開催される倉敷。川面に映える倉敷ガラスがきっとやすらぎのおもてなしとなることでしょう。 薫風香る五月展をお楽しみ下さい。 大賀紀美子


                2016年5月11日〜18日
                日本郷土玩具館「プラスワンギャラリー
                | 展覧会 | 19:54 | - | - | - | - |
                COCHAEの玩具紙(おもちゃがみ)
                0
                  コチャエ日本郷土玩具館
                  本日より日本郷土玩具館「プラスワンギャラリー」にて、『COCHAEの玩具紙 (おもちゃがみ)』が始まりました。 “あそびのデザイン”をテーマに 活動する軸原ヨウスケ、武田美貴によるデザイン・ユニットCOCHAEによる企画展です。 テーマは折紙(紙)と郷土玩具の接点。 『カワイイヲリガミ細工』(誠文堂新光社)で取り上げた折紙細工のパイオニア・中島種二探求からも見えてきた「折紙と郷土玩具の接点」というキーワード。 実際に中島が手がけたと思われる紙の面は京都の郷土玩具として日本郷土玩具館にも収蔵されていました。 他にも凧、千代紙、紙人形、おもちゃ絵などなど郷土玩具としての紙の数々。 紙と郷土玩具の新しい接点をCOCHAEが提示します。

                  期間中、トリゴエカナさんの郷土玩具アイシングクッキー・COCHAEデザインの吉備団子も販売しますので、是非この機会にお求めください!


                  2016年4月29日〜5月8日
                  日本郷土玩具館「プラスワンギャラリー
                  | 展覧会 | 23:16 | - | - | - | - |
                  奥西和 ジュエリー展「MACHUN / マチュン」
                  0
                    K.KAJU奥西和プラスワンギャラリー
                    昨日より日本郷土玩具館「プラスワンギャラリー」にて、『奥西和 ジュエリー展「MACHUN / マチュン」』が始まりました。沖縄生まれ京都市在住のジュエリー作家奥西和の個展。 マチュンは巻くという意の沖縄語。 パールや天然石を純銀で巻いて留めたシリーズを中心に、 ハンドメイドならではのやさしい作品が人気です。 「ジュエリー」とは言っても、シルバーやシルバーにゴールドをコーティングしたもので気軽に普段使い出来るものを提案しています。今回は、シルバーでは表現できない繊細な作品を作るため、真鍮素材に金の層を高温と圧力で圧着するゴールドフィールド(K14GF)を使った作品も初めて手掛けられました。
                    一点ものの作品も多いので、是非お早めにお運びください。


                    2016年4月15日〜24日
                    日本郷土玩具館「プラスワンギャラリー
                    | 展覧会 | 15:26 | - | - | - | - |
                    関昌生 wire work
                    0
                      プラスワンギャラリー関昌生wire work
                      本日より日本郷土玩具館「プラスワンギャラリー」にて、『関昌生 wire work』展が始まりました。
                      福岡県うきは市にある古道具のお店「四月の魚」の店主関昌生さんの手掛けるワイヤーワークの展覧会です。
                      フックやコーヒーフィルターフォルダ・鍋敷きなど使えるものから、幾何学的なオブジェやモビールまで繊細な針金で作られた作品立ち…
                      関さんが創り出す不思議な線の世界は、シンプルなのにユニーク、美しいのに楽しい、素朴なのに斬新。じわりと心に響きます。

                      岡山では初めての展示となります。定番の物から新作まで沢山の種類の物を作りたいと思います。
                      関昌生



                      2015年2016年4月2日〜12日
                      日本郷土玩具館「プラスワンギャラリー
                      | 展覧会 | 22:29 | - | - | - | - |
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << July 2017 >>
                      + PROFILE
                      + LINKS
                      岡山県倉敷市の日本郷土玩具館 岡山県倉敷市の一級建築士事務所トリムデザイン Instagram
                      + SELECTED ENTRIES
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + OTHERS
                      このページの先頭へ